読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩が痛い時は〜伸ばせっ!!って話

どうもmusayuiです。

musayui最近肩の調子があまり良くありません、、、

 

musayuiは昔、友人の引越しを手伝った時に冷蔵庫を運んでから右肩が痛くなりそれ以降本気でボールを投げることができなくなりました。。。

 

今では特にボールを遠くに飛ばすことなんてほぼしない生活なもので、あんまり気にしていなかったんですが、ここにきて再び痛みが蘇ってきました、、、

 

基本的に自分の仕事ではよく関わっていたことなんで、対処法は色々と試してみているので、ここで少し載せておこうと思います。。。

 

なんで肩が痛くなる??

肩が痛くなる理由は様々。お医者さんや近所の整骨院では肩こりや、四十肩ですねって結構言われちゃいますよね。。。

簡単に言うと、筋肉の張り。または肩の中にある腱の炎症。

 

細々書きませんが、肩の中の何かが炎症を起こしているから痛いんです。

どうして、炎症が起きるの?ってトコなんですが、これも理由は様々。

 

ここでは、一つ注目してもらいたいことを書いておきますね。

 

それは

 

「姿勢!!」

 

そう、姿勢は肩に大いに影響を及ぼすんですね。簡単なテストとして。

立った姿勢を誰かに横から見てもらってください。一番肩の外側が顎の下にあるか顎より前に出ている(猫背)人は要注意!!

 

一人の時は壁に背中をべったりつけてみてください。頭の後ろ、両肩の端っこが壁にくっつかないで前に出ちゃっている状態の人!!注意です。

 

基本的には肩って横から見ると耳の真下にあるのがノーマルなんですね。その位置にあるから正しい動きができるのです。

 

先ほどの要注意姿勢の方は簡単に説明すると、正しい肩の動きが制限されているため手を挙げるたびに自分で自分の肩に関節技を決めてしまっている状態なんです。

 

だもんで、関節技をずーーーーーっと、タップ(格闘技で負けを認める時に相手の体をポンポンって叩くこと:こうすると相手は関節技をやめる、そして相手の勝ち!)しているのにやめなかったら、関節って壊れるわい。ってのはなんとなく理解できますよね。

 

その状態なんですね。だから、どんなにマッサージを受けたり関節矯正って感じの施術を受けてもしばらくしたら元通りってなっちゃうんです。

 

ひどい時は治療院で強引に動かされて、(イコール関節技をかけられて)さらに痛みが悪化してしまうこともあるんですよ。

 

そうならないためにもちょっと違和感があるうちに自分でできる対象方法をひとつ。

 

 

簡単です。背中のど真ん中だいたい心臓の位置に枕を置いてその上に寝てください。

きっと背中が反るような状態になりますよね。そのまま両腕を横に伸ばす。そのままだらーーーーーん。できる方は両腕をバンザイしながらだらーーーーんって力を抜くんですね。

 

反りが強すぎる時はバスタオルを丸めて枕より低くすると楽にできるかと思いますよ。

 

その反りがだんだん楽になると、肩の位置が少しずついい位置へ戻しやすくなります。間違わないでくださいね。いい位置へ戻るわけではないです。いい位置へ戻すのはあなたの意識なんです。

 

そうやって胸周りが伸びてきてくれると肩の負担が減って痛みが軽減することがあります!!

 

musayuiは今は枕二つ重ねて両腕ぐるぐるリラックスしながら回してます。

結構痛み取れますよ。さらに、呼吸楽になります。

お試しあれ!!

 

注!!痛みを強く感じる場合はすぐやめること、背骨に骨折や腰などに怪我(腰痛症、ヘルニア、狭窄症などなど)ある方は無理をしないこと!!!

 

自分でやる時に痛いのを我慢してやると悪化しちゃいますから注意してくださいね!

 

今後、プラスネタを少しずつご紹介していきたいと思います。