読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当にやる気ありますか???って話

どうもmusayuiです。

今回自分にとって都合のいい言い訳特集です。

 

musayuiは言い訳人間です。どんなことにもすぐに言い訳を考えてしまい、何かあった時の逃げ道をいつも作ろうとしてしまいます。

 

やろうとしたことに対して言い訳を考えるほど無駄な労力はないぞ

 

まじ、そう思います。たとえば、子供の世話や家事をして忙しい1日を送ります。

この日一の日の言い訳として

 

・子供が寝た→自分のやりたいことをしようと思う→自分も仮眠をとらないとこの後の半日に支障を及ぼしてしまうかもしれないから寝ておこう。。。

 

・休みの日にできないことは平日絶対できないと思って、次の週末の予定を(きっとやらない)立てている。

 

・寝るまで後1時間しかない→「自分何やってんだろう、、、」って変なダークサイドモードに突入する→その1時間で結局なんにもやらない。

 

・早く寝れなかったから、明日は早起きは無理だな。

 

などなどいっぱい出てくる出てくる。。。

 

全部勝手な経験論。下手な経験値は人間の冒険心、やる気などを根こそぎ奪い去ってしまいます。

「仮眠をとらないで勉強したら、きっと集中できないし、その後辛いだろう。。。」

「早く寝なかったから早く起きても辛いだけだろう。。。」

「経験があるから、早めに対処しておこう。。。」

そうなんです。ちょっとの経験値があるだけで、こんなにも自分にブレーキをかけてしまうんですね。

 

だって、仮眠をとらないで勉強してみたら、意外にノリノリで集中できて、確かに疲れはするけども、1日を終えるときに充実感を感じることができるかもしれない。

 

早く寝れなかったからって、意外いレム・ノンレム睡眠の周期がバッチリはまってぱっちり起きられるかもしれない。

 

可能性はありますよね??それなのに自分からやらない言い訳を考えて正当化しようとしているんですね。

 

musayui恥ずかしながら、指導者の立場にあります。

そこでは「できるできないかではない、やるかやらないかだ」

と指導しています。musayui自身本気でこう思っています。ですが自分はどうなんですか?と聞かれると、、、

 

( ;´Д`)できてねぇっす。。。

 

結局は「やる気」ある、ないって言葉はあんま関係ないと思うんですよね。

やるか、やらないかなんで。

「やる気がある」って言葉って結局は結果論的な考えです。

やる気がある人がやっているんじゃない。やっている人が「やる気がある」

やる気がない人がやっていないんじゃなく、やっていない人が「やる気がない」

 

うん( ´ ▽ ` )ノややこしい!でもmusayuiはこう思います。

 

なので、現時点でブログで稼ぎたいって言っているmusayuiはどう考えてもやる気がないってことなんだなと反省しとります。。。